Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

イープラス連携で、Spotifyからライブチケットの購入が可能に

楽曲視聴と音楽体験がもっと親密に

田沢梓門, @samebbq
2019年7月30日, 午後12:09 in Eplus
138シェア
11
127
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

7月30日、音楽ストリーミングサービス「Spotify」とチケットサービス「イープラス」のパートナーシップ締結が発表されました。これによりそれぞれのアプリやサイトの機能が連携します。同機能は既にSpotifyでの展開されています。上記画像左はスポティファイジャパン代表取締役社長玉木一郎氏、左はイープラス代表取締役社長倉見尚也氏。

■アーティスト情報からチケット購入
Engadget
Spotifyのアーティスト情報ページ上にコンサート情報が表示され、公演予定を確認し「チケットを探す」のボタンをタップすることでイープラスのチケット販売サイトに移動してその場でチケット覇入できます。

■近所で開催予定のコンサートがわかるEngadget
SpotifyのSearchページにこれから開催予定のコンサートが一目でわかる「コンサート」コーナーを新たに開設。ユーザーの音楽環取履歴に基づいておすすめコンサート情報を一覧で表示します。 ユーザ一登録時に設定した所在地の周辺で開催されるコンサート情報が、 世界でリスナー数が多いアーティスト順に「付近で人気」として提案されます。もちろんこのコンサートのコーナーからチケットの購入も可能です。

■ヘビーリスナーほどチケットが購入しやすく
Engadget
視聴履歴をもとに沢山聴いるヘビーリスナーにチケット情報を優先的にとどける「FANS FIRST」。今まで海外アーティストが中心でしたが、国内アーティストでも同様の機能を展開予定。Spotifyのデータをもとに幅広いアーティストのイープラスでの先行チケットの販売機会を提供します。これにより、熱量の高いファンがチケットを手に取りやすくなり、無用なチケットの高額転売の削減などにつなげることを目指すとしています。

■Spotifyでフェスの予習復習
Engadget
イープラスが展開している音楽情報メディア「SPICE」や音楽フェスに特化したアプリ「FesPlus」と連携。フェス全体のプレイリストで、楽曲の予習復習が可能になります。イベントのタイムテーブルも反映されます。

Engadget
今回のパートナーシップについて玉木氏は下記のようにコメントしました。
「今の音楽業界に対して考えている両社とも同じ課題認識がありました。まず、ファンクラブなどに入会しているコアなファンでないとライブ情報が届かないという問題があります。この情報の格差を利用して高額転売などが発生していると考えます。ほか、特定のアーティストにしか興味がない人や、カジュアルに音楽は楽しむけれどコンサートには全く行かない人が一定層います。これらの問題は、音楽の楽しみ方を狭めて業界全体の先細りに繋がると危機感を感じていました。

Spotifyとイープラスが連携したことで、気に入ったアーティストのライブ情報に素早くアクセスできるようになり、ライブで音楽を体験したユーザーがさらに熱量の高いファンになる。そういったファンが周りの人に影響を与えて、音楽の裾野を広げる。こういった循環を作り出せればと思います」。

確かに、楽曲は聴いていてもアーティストの情報を調べて、チケット購入してライブに足を運ぶというのは手間がかかるハードルの高い作業でした。今回の連携で、Spotifyからライブに足を運ぶきっかけが増えて音楽の楽しみ方が更に深く多様的になるかと思います。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Spotify
関連キーワード: eplus, music, Spotify, streaming, subscription
138シェア
11
127
0

Sponsored Contents