Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

訂正:iOS 13ではバックグラウンドでのVoIP通信が禁止に。WhatsAppやFB Messengerに影響?

一部には裏で走るVoIPが情報収集しているとの見方も

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年8月7日, 午前10:45 in Mobile
193シェア
0
193
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


iOS 13では、アプリによるバックグラウンドでのVoIP(Vioce over Internet Protocol)が使えなくなります。たとえばこの機能を利用しているFacebookのMessengerやWhatsAppといったアプリに影響が出ることが予想されます。

米ニュースメディアThe Informationによれば、MessengerやWhatsAppは、継続的にVoIPサーバーに接続することで、音声通話の起動時間を高速化するものの、これは同時にユーザーの通信環境や位置などの情報収集も可能にしているとのこと。

WhatsAppに関しては、VoIPを通じてユーザー間の暗号化を可能にしているという機能面にも影響が及ぶ可能性があります。とはいえ、この変更はFacebookだけでなくやはりVoIPをバックグラウンドで実行させるその他のアプリも同様に加えられるものであり、あらゆるアプリ開発者はこの変更に対応しなければなりません。

Facebookの広報担当者はThe Informationに対し最善の対処方法についてアップルと協議中だと述べました。そしてアプリにおいてはPushKit VoIP APIを使用しており、決してユーザーの情報収集は行っていないと主張しています。

アップルはWWDCでのiOS 13発表の際、この変更をプライバシー保護とパフォーマンス改善のためだと説明しました。しかし、一部にはiOSが標準で備えるiMessageの競合アプリへの締め付けだとする意見もあるようです。

ただ、VoIPアプリが常にバックグラウンドで通信をしていれば当然ながらシステムのリソースや通信によるバッテリー消費が発生します。このためiOS 13でのVoIPの振る舞いの変更は、アプリによるユーザー情報の収集を防ぐとともにバッテリー持続時間を延ばす可能性があると考えられます。

なお、iOS 13は新しいiOSデバイスとともに例年なら9月ごろにリリースされるはずですが、VoIPの変更に関する対応は2020年4月までとその締め切りには若干余裕が与えられています。

※訂正:初出時、音声通話アプリの使用中にアプリを切り替えなどができなくなるとの記述がありましたが、影響は待ち受け時のバックグラウンド処理ができなくなるに止まる模様です。したがって継続的にVoIP通信を維持し続けるアプリに終生が必要になると言うことです。お詫びして訂正いたします。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

193シェア
0
193
0
0

Sponsored Contents