Sponsored Contents

servicesの最新記事

Image credit:
Save

東京パラリンピック観戦チケット、8月22日に抽選販売開始

購入方法はオリンピックと同じ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年8月14日, 午後04:20 in services
26シェア
7
19
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

東京オリンピックの敗者復活抽選が8月19日(月)まで実施されていますが、もう一つの大会である東京2020パラリンピック競技大会の観戦チケット抽選販売が、8月22日(木)から行われます。


チケットの購入にはTOKYO 2020 IDの登録が必要ですが、これは東京オリンピックと同じもので大丈夫です。購入方法も東京オリンピックの場合と同様です。


ただ、東京オリンピックの場合と違い、「一般チケット」「車いすユーザーチケット」とは別に、予選セッションを中心に「東京2020みんなで応援チケット」が用意されました。

これは、子供やシニア、障害のある方も含めた家族やグループで気軽に観戦してもらうためのもの。12歳以下の子供、60歳以上のシニア、障害のある方を1名以上含む必要がありますが、チケット価格は500円~2020円(税込)と格安になっています。

チケットは1人で複数セッションを申し込めますが、「一般チケット」「車いすユーザーチケット」は1セッションあたり決勝戦等メダルが絡むものは4枚まで、そのほかのセッションは6枚まで。「みんで応援チケット」はそれぞれ6枚と8枚。第1希望と第2希望それぞれ最大30枚まで申し込めるものの、当選最大枚数は30枚となります。

Tokyo2020

抽選結果の発表は10月2日を予定。当選した場合は、10月15日までに当選したチケットすべてを一括で購入する必要があります。

第1次抽選に外れても、2020年初めに第2次抽選を実施。2020年春には都内のチケット販売所での販売も行われる予定です。

なお、東京パラリンピックで実施される22競技を、動画で紹介する特設ページもオープンしています。どの競技を観戦するのか、チケット購入の参考になるかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

26シェア
7
19
0

Sponsored Contents