Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO『ウルトラボーナス』予告。イッシュ地方・幻・海外限定など超豪華

ヘラクロス、パチリス、ジーランス、マスキッパあたりがありがたい

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年8月16日, 午後08:32 in Niantic
85シェア
12
73
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
ポケモンGOが9月の『ウルトラボーナス』を予告しました。

初登場となるイッシュ地方(第5世代、ポケモンBW)のポケモン、海外限定のポケモン、幻のポケモンなどが三週間にわたり週替りで出現する豪華な内容です。

ポケモンGOの『ウルトラボーナス』は、夏の三か月にわたって続いた『グローバルチャレンジ』の完全達成を受けたボーナス。9月3日から23日まで、一週間ごとに特別なポケモンやレアなポケモンの出現が続きます。

ウルトラボーナスの内容を予想。イッシュ地方はほぼ確定


『ウルトラボーナス』の詳しい内容が正式発表されるのは8月21日予定。しかしすでに公式でさまざまなヒントが出ています。

たとえばイッシュ地方(第五世代、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』)のポケモン登場も、公式では直接言及していないため、現時点ではあくまで推測です。根拠あるいはヒントは、

「これまで『Pokémon GO』に登場していなかった、新たなポケモンたちが、野生で出現します!」(日本語公式のウルトラボーナス予告、3週目部分)

ポケモンGOでは第四世代までのポケモン、すなわちカントー・ジョウト・ホウエン・シンオウ地方(で初めて見つかった)ポケモンのうち、カントー・ジョウトは全種登場済み・コンプリート可能です。

ホウエン地方では、特殊な性質のカクレオンのみが未登場(メルタンのサプライズ登場前後に、バグで外見がカクレオンのメタモンが出現したことはありますが)。

シンオウ地方ではアルセウスやシェイミ、ダークライ、マナフィ、フィオネといった幻のポケモン、伝説のレジギガス、非伝説ながら地域限定の進化前にあたるマネネ、実装がややこしそうなロトムが未登場です。

この状況を踏まえると、ポケモンGOに未登場のポケモン「たち」が、しかも「野生で」出現するとなれば、シンオウまでの未登場組ではなく、いよいよ次世代であるイッシュ地方からのポケモンが現れると考えたほうが無理がありません。

ポケモンGO 3周年記念イラスト



イッシュ地方の初期ポケモン3種(御三家)であるツタージャ・ポカブ・ミジュマルの姿がすでに描かれています。

英語公式の隠しメッセージ

ウルトラボーナス三週目の予告部分、英語の公式ではこう書かれています。
Unusual Pokémon will be appearing in the wild during this week. Noteworthy opponents are coming to raids, too. Over the course of the event, you may also be able to add some Pokémon to your Kanto Pokédex that previously eluded you in your part of the world. Venture out to take on challenges and make discoveries. As always, happy exploring, Trainers!
文に分けると5つ。それぞれの頭文字を拾うと Unusual, Noteworthy, Over, Ventrue, Asで UNOVA。英語版ポケモンではイッシュ地方をUnova Regionと呼びます。


公式のウルトラボーナス予告はこちら。

1週目

日本時間2019年9月3日(火)早朝から9月9日(月)まで

ウルトラボーナス最初の1週間では、ジョウト地方で発見されたポケモンと多く出会うことができます。野生や、「レイドバトル」で、ジョウト地方のポケモンをたくさん捕まえてください!また、今までタマゴから発見されなかったポケモンも、この期間、タマゴからかえるようです。

2週目

日本時間2019年9月10日(火)早朝から9月16日(月)まで

2週間目では、世界中のポケモンたちが一緒になってお祝いしてくれます。また、あの幻のポケモンも「伝説レイドバトル」に登場するようです。

3週目

日本時間2019年9月17日(火)早朝から9月23日(月)まで

これまで『Pokémon GO』に登場していなかった、新たなポケモンたちが、野生で出現します!新しいチャレンジがレイドバトルで登場します。 また、新たに色違いのすがたで登場するポケモンもいるようです。新たなポケモンたちとの出会いのため、楽しく冒険しましょう!

三週目におそらくイッシュ地方のポケモンが出現するのはうえで推測したとおり。そのほか部分については、

一週目
おそらくジョウト地方の地域限定ポケモンが出現。ジョウト地方でこれまでタマゴから孵化しなかったポケモンはサニーゴ(沖縄含む南国エリア限定)・ヘラクロス(米国南端および中南米限定)・デリバード(期間限定)・ドーブル(GOスナップショット写り込み後のみ出現)。

このうち、日本国内でイベント等でも出現したことがないのはヘラクロス。サニーゴも国内では沖縄あたりでしか見つかっていません。もしヘラクロス・サニーゴが日本全国で野生かレイド出現、またはタマゴから孵化すれば、ついにジョウト図鑑をコンプできるトレーナーが増えそうです。

二週目
「世界中のポケモンたち」はそのまま地域限定と解釈すると、
カントーではケンタロス・バリヤード・ガルーラ・カモネギ(日本含む東アジア)。
ジョウトでは一週目で現れる可能性があるヘラクロスとサニーゴ。
ホウエンではイルミーゼ・バルビート(日本含む欧亜豪限定)・コータス・ジーランス・トロピウス・ソルロック・ルナトーン・ハブネーク・ザングース。
シンオウではパチリス、カラナクシ(にしのうみ・ひがしのうみ)・ペラップ・マスキッパ。およびUMAトリオのユクシー・エムリット・アグノム。

このうちいくつかは渡りの性質で国内でも野生コモンだったり、全国的なイベントで出現していたことがありました。海外に行かないと手に入らないものの代表はヘラクロス、ケンタロス、サニーゴ(沖縄除く)、コータス、ジーランス、パチリス、マスキッパ、エムリット、アグノムあたり。このうちいくつかが全世界で、あるいは通常と異なる地域で出現するだけで大変なことになりそうです。

まぼろしのポケモンが何になるかは不明。6・7・8月に事前申込み・抽選制リアルイベントGO Fest の限定スペシャルリサーチで発見できたジラーチの可能性が高そうですが、EXレイド限定のデオキシスが一般登場する可能性もあります。

三週目
イッシュ地方デビューの可能性が高いのは前述のとおり。また英語版の公式告知では明確に「お住まいの地域では見つからなかったポケモンたちをカントー図鑑に加えられるかも」とあるため、ケンタロス・バリヤード・ガルーラ・カモネギが本来の地域を超えて出現するはずです。

謎なのは「新しいチャレンジがレイドバトルで登場します」。英語版では外に出て挑戦を受けて新しい発見をしよう、とされているのみで、レイド関連の新しい要素に限定しない書き方です。

シンプルに考えれば従来は登場しなかった新たなレイドボスの出現ですが、あるいは最近加わったGOロケット団のような意味でのまったく新しい挑戦、新しいシステムがレイド関連で導入されるとも解釈できます。そういえばGO Fest 会場に次元を超えてサプライズ出現していたロケット団の首領サカキは、もし実装されるなら適当なポケストップ待ち伏せではなくレイドかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
85シェア
12
73
0

Sponsored Contents