Sponsored Contents

lawsonの最新記事

Image credit:
Save

深夜は完全無人のローソンが横浜に誕生、QRや顔認証で入店

認証システムはNECが開発

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年8月23日, 午後04:00 in lawson
322シェア
50
272
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ローソン氷取沢町店(横浜市磯子区)は8月23日、スマート店舗(深夜省人化)実験を開始しました。実施期間は約半年間で、時間帯は午前0時から5時までとなります。

小売業では従業員の人手不足が課題となっています。その解決策として実施するのがスマート店舗実験ですす。深夜時間帯のみ売り場に店員を配置せず、利用者自身で決済を行います。ただし、バックヤードには店員1名が待機します。

入店方法は以下3項目あり、いずれか1つをクリアすると自動ドアが開きます。

1、事前にローソンアプリに登録された入店用QRコード
2、近隣の利用者に配布した入店カード
3、入店管理機器で顔写真を撮影しての入店

上記の入店管理はNECが開発したシステムを使います。顔認証は人の顔を入店管理機器のカメラで撮影し、NECの顔認証AIエンジンが解析します。人の顔と識別すると自動ドアが開いて入店できます。

LAWSON AI▲スマート店舗内で使う機材やシステムなど

今回は省人が目的のため、店員による年齢確認が必要な酒類やタバコ、切手や収納代行、チケット発券などは取り扱いません。

決済は「ローソンスマホレジ」もしくは、自動釣銭機能付きの「完全セルフレジ」で行います。自動釣銭機機能付きPOSレジでは、電子マネー・クレジットカード・バーコード決済などのキャッシュレス決済に加え、現金での支払いが可能です。

ローソンスマホレジは、ローソンアプリアプリを立ち上げ、買いたい商品のバーコードをスマホにかざし、事前にアプリで登録した楽天ペイやLINE Pay、Apple Pay、クレジットカードのいずれかで決済できるサービス。

ローソンは、過去にもこうした省人店舗にフォーカスした実証実験を行っており、ローソンスマホレジも元々は実証での成果を得た上でサービスを展開しています。

スマート店舗の実験を通じて、システムや運用方法の見直しなどを行う予定で、店舗オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、利用者の声などを検証した上で、今後の展開を検討するとしています。

完全無人のコンビニがローソンで実現する日も、そう遠くはなさそうです。

店舗名はローソン氷取沢町店、住所:神奈川県横浜市磯子区氷取沢町425-1となります。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

322シェア
50
272
0

Sponsored Contents