Sponsored Contents

Food and Drinkの最新記事

Image credit:
Save

KFCが偽肉チキンを発売へ。Beyond Meat製、まずはアトランタの店舗で試験

ナゲットとウィングに使うそう

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年8月27日, 午後12:00 in Food and Drink
689シェア
110
579,"likes":776
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

最近は日本のCMに集団で登場するようになったケンタッキーフライドチキン(KFC)創業者カーネル・サンダースも、まさかチキンのようでチキンでない肉を使ったメニューを提供する時代が来るとは夢にも思わなかったことでしょう。KFCは米アトランタにある店舗で、植物ベースのチキンを使ったBeyond Fried Chickenのテスト提供を開始します。

これまでにもBeyond MeatやImpossible Foodsなどによる非常によくできた偽肉ハンバーガーが話題になってきたものの、ハンバーグやパティは挽肉を模倣するため、その食感はある程度ごまかしがきくものだったとも考えられます。

しかし、フライドチキンの場合は鶏肉をそのまま調理するため、部位によって異なる食感やジューシーさの違いなどがどう再現されるのかが非常に気になるところ。ReutersはKFCが「ナゲットやウィング(手羽)をテストする」と報じています

Beyond Meatは、食料品店向けに初の100%植物チキンを発売しましたが今年はじめ、まだ満足いくものではなかったとしていったん販売を中止していました。一方、KFCは数か月前に"肉を使わないチキン"を調査するためにサプライヤーとの会合を持ったことを認めてはいたものの、具体的な計画はこれまで何も伝えられていませんでした。

CNBCが伝えるところでは、Beyond Fried Chickenは通常のフライドチキンと同じフライヤーで調理されるため、徹底したヴィーガンの方々には向かないかもしれません。それでも、肉の中でもヘルシーなチキンですら避けたいと思うダイエッターや健康重視の方々には充分におすすめできそう。もし味も本物チキンと区別できないほどであれば、人気商品になることも考えられます。

KFCはもし顧客の反応が良好であれば、それを考慮して次のステップを決定すると述べているため、そうなれば提供店舗も拡大されていくことになるかもしれません。さらにBeyond Meatは再び食料品店で100%植物チキンを販売することでしょう。

ちなみに、Beyond MeatのライバルImpossible Foodsは、5月に植物由来ソーセージをもうすぐ発売(Beyondはすでにソーセージ製品も発売中)することを明らかにしており、偽肉市場開拓者たちの先陣争いはさらに激化しそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

689シェア
110
579,"likes":776
0

Sponsored Contents