Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

「Nintendo Switch Lite」はVR非対応だけどゼルダVRに最適!?

Lite用にDaydream Viewを買うことはオススメしません。念のため

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2019年9月28日, 午後01:17 in Game
41シェア
8
33
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

誤解のないように最初にお伝えしますがNintendo Switch LiteにDaydream Viewはいまいちです。さて、任天堂の携帯ゲーム機「Nintendo Switch Lite」(以下Lite)が9月20日に発売されました。「Nintendo Switch」がTVモード、テーブルモード、携帯モードに対応した万能モデル、Liteが携帯モード専用の特化型モデル。理性で考えれば両方買う必要はありませんが、本能にあらがえず買ってしまいました。と言うわけで今回も、Engadgetキャッシュバック(自腹購入した製品の記事をEngadgetで書くこと)を活用することにいたします。

パッケージを開いて驚いたのは、あまりに付属品が少ないこと。本体、USB ACアダプター、セーフティーガイドしか入っていません。

Engadget
超簡単なクイックスタートガイド(はじめかた)はパッケージに書かれています。詳しい使い方はサポートサイトに載っているので無問題です

サイズは正直思ったより小さくなかったです。個人的にはディスプレイをもっと狭額縁にして、一回り小さくしてほしかったなーと、この時点では思いました。早とちり。いっけなーい。

Engadget
上からNintendo Switch、同Lite、Black Shark 2(コントローラー装着時)。ちなみに実測重量は、Nintendo Switchが404.5g、同Liteが283.9g、Black Shark 2(コントローラー装着時)が324g。Liteが一番軽いのですが、バッグに入れていて気づくほどの差ではないですね

ただ、持ったときに、あ、なるほどねと思いました。Liteは携帯モードでプレイするときのサイズ感ありきで設計されているんですね。手の中にしっくり収まります。Liteで一度ゲームをプレイしたら、Nintendo Switchのゲームモードには戻れないかもしれません。でもだったら、もっと狭額縁にしてディスプレイを大きくしてほしかったなー。

Engadget
Liteはしっくり手のなかにおさまります。この写真ではまるで、Nintendo Switch Microの趣ですが、私の手がビッグなだけです

Engadget
LiteからNintendo Switchに持ち替えると、あ、無理、と思いました。重さ云々より、横幅がキツイです。チェンジお願いします

LiteとNintendo Switchで交互にプレイしていてちょっと不便に感じたのが、ダウンロードソフトをふたつの端末で同時に起動できないこと。まあゲームをふたつの端末で遊ばれたら困っちゃうのはわかっちゃっていますが、無料の「YouTube」は同時起動できてもいいんじゃね? ......と臣、愚考いたしました。任天堂様におかれましては、ダウンロードソフトの同時起動については、もう少し条件を緩和していただけることを、ヨロシクデ~ス!

Engadget
ゼルダが同時起動できたら「リンダ(米国在住)、困っちゃう~」のは理解できます

Engadget
でもYouTubeが同時起動できないのは、ちょっと意味がわかりません。同時起動オッケーなことを示すフラグ的なものを用意すればズバッと解決しますよね? 友よ

さて、本題です。一応「週刊VR情報局」を名乗って不定期にEngadgetに記事を書いている私は、「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」の製品公式サイトに書かれている「Nintendo Switch LiteではVRゴーグルの形状がNintendo Switch Lite本体に対応していないため、プレイいただけません」という注意書きを見て、「あれ、じゃあ、逆にスマホ用のVRゴーグルにLiteを装着できるのでは?」と思いついたのです。

しかしVRゴーグルの多くが、スマホ全体をゴーグル内に収納する仕様なので、コントローラーの付いたLiteは収まりません。そこで単純に挟み込む構造を採用した「Daydream View」を試してみました。

Engadget
装着できますね!

しかし残念ながらスマホより上下のベゼルが広いLiteでは、全体的に上にずれて装着されてしまうので、画面も上にずれて表示されてしまいました。がくし。ピントはしっかりと合っているんですけどね......。

でもシステム画面が上に表示されるだけで、ゲーム本編はプレイできないこともないです。手元にLite、ゼルダ、Daydream Viewをお持ちの方はぜひお試しください。

Engadget
ピントはご覧の通り、中田さんもビックリするぐらいパーフェクトなんですけども......

本題と言いつつ、実はLiteのレビューからは大幅に脱線していたわけですが、ここから強引に総括いたしますと、携帯モードに特化したLiteは手頃なサイズで、任天堂ならではの絶妙な操作感のコントローラーが備わっており、非常に魅力的な携帯ゲーム機だなと感じました。でも完全に「ニンテンドー3DS」にトドメというか、介錯しちゃいましたね。

スマートフォンの対抗機として開発されたであろうLiteに、今後どのようなゲームソフトがリリースされるのか期待して待ちたいところです。とりあえず筆者は10月16日発売予定の「オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション」を、消費税が上がる前に「あらかじめダウンロード」で購入しました。それではLiteとともに、よいゲームライフを!

Engadget
Liteで使えるかもしれないVRゴーグルを購入しました。結果がよければ改めてレビューしますね!





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

41シェア
8
33
0

Sponsored Contents