Sponsored Contents

apple storeの最新記事

Image credit:
Save

サムスン最新スマホや家電を体験し放題!ロンドンの「Samsung KX」は巨大なデジタル空間だ(山根康宏)

サムスン最新製品を通じて近未来の生活を体験できる

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年9月30日, 午後04:00 in Apple Store
28シェア
9
19
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


日本では丸の内、福岡とアップルの新しいストアの開業が相次いでいますが、海外でもアップルに負けじとメーカーの大型ショールームが次々と生まれています。9月末には中国・深センにファーウェイのフラッグシップストアがオープン。筆者も早く訪問してみたいと考えています。

イギリスではロンドンの繁華街、オックスフォードストリート界隈に「Apple Store Regent Street」があり、ロンドンの観光名所の一つにもなっています。そのオックスフォードストリートにはサムスンもフラッグシップストアを構えてはいるものの、店の規模は小さく体験コーナーはあまり広くありません。筆者は先日ここで「Galaxy Note10+ 5G」を購入したわけですが、待ち時間にいろいろできる体験スペースがあればいいなあと感じたところです。

SamsungKX

そんな来客が多くいることからか、サムスンは9月4日にロンドンの主要な鉄道駅の一つ、キングスクロス駅そばのショッピングモール「コールドロップスヤード」に巨大なエクスペリエンスストア「Samsung KX」をオープンしました。名前の通りここは大昔に地方からロンドンへ運んできた石炭を貯蔵する場所だったところ。そこがおしゃれなモールに再開発され、大型テナントとしてサムスンが入店したのです。オープンしたての9月11日、Galaxy Note10+ 5Gを買ったその足で訪れてみました。

SamsungKX

コールドロップスヤードの最上階へエレベーターで上がると、そこはサムスンのスマート製品や家電が並ぶショールームになっています。中にはカフェもあるのでお茶がてら一服することも可能。もちろん入場は無料です。

SamsungKX

ソファーに座って大型TVでゲームを楽しもうとすれば、一人で訪れてもスタッフがやってきて対戦相手になってくれます。筆者も「なかなかうまいね」「やった、今度は勝ったぞ!」てな具合にスタッフと一緒に盛り上がれるのでついつい時間をオーバーしてゲームに熱中してしまいました。

SamsungKX

スマート冷蔵庫などの家電製品エリアでは料理教室も開かれていました。キッチンのようなレイアウトなので、ここは定期的に料理専用コーナーとして利用されるのでしょう。アップルの店でも毎日のように様々なイベントやレクチャーが開かれますが、サムスンは家電を持っている強みを生かしてこのような体験を提供しているのです。

SamsungKX

フロア内には所々にヘッドフォンがつながれたGalaxyスマートフォンやタブレットが展示されています。Spotifyがインストールされているので、その場で音楽を聴くことが可能。じっくり聞きたい人には専用デスクも用意されています。お昼休みにここで休憩するのもよさそうな感じです。

SamsungKX

サムスンのショールームでおなじみのVRマシンもここにもあります。店内は広いスペースですがマシンは4つだけ。もっとマシンを置いて遊園地っぽくできそうでもありますが、ここはどちらかといえばサムスン製品を使った新しいライフスタイルを体験してもらおうという場。VRマシンも店の中央ではなく眺めのいい窓側に置かれていました。

SamsungKX

最新スマートフォン、Galaxy Note10シリーズの体験コーナーも開放的な外を見ることのできる場所にあります。操作が分からなければスタッフに聞けばすぐに教えてもらえるのがいいところ。Sペンを使った高度な機能もここならスタッフから教わることができるのです。

SamsungKX

Samsung KXの目玉の一つといえるのがデジタルコックピット。将来のコネクテッドカーを今すぐ体験できるコーナーです。自動車内のコネクタにGalaxyを刺せば車内コンソールパネル上でDeX機能が立ち上がり、スマートフォンの操作がそのまま車内からも行えるのです。もちろんここから家電のコントロール等も可能。スマートホームなどとの連携もできるわけです。

SamsungKX

そのDeX機能のデモコーナーもあります。ネットにつながっているのでそのままWEBページを閲覧したり動画を見ることもできるようです。

SamsungKX

またタブレット体験コーナーには最新の「Galaxy Tab S6」が設置され、Sペンを使ったお絵描き機能や、Sペンのリモコン機能をより深く体験可能。

SamsungKX

そばにはスマートフォン最新モデルのケースも展示されており、自分の端末に試着して試すこともできます。

SamsungKX

そしてサムスン自慢の大型ディスプレイエリアではミニライブなどのイベントも行われるようです。訪問したのがお昼時だったためミュージックビデオが流されているだけでしたが、なにやらスタッフが夜のイベントの準備を行っていました。

SamsungKX

日本では原宿に「Galaxy Harajuku」がオープンして徐々に知名度を上げています。海外ではサムスンのブランド力は強いものの、家電も含めた製品数が多いため、ゆっくりとそれぞれの製品に触れる場所はなかなか存在しません。Samsung KXはもちろんサムスンのショールームですが、スマートフォンやスマート家電を使った将来の生活を今すぐ体験できる場所にもなっているのです。ロンドン観光がてら、ぜひ立ち寄りたい名所になりそうです。

SamsungKX




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

28シェア
9
19
0

Sponsored Contents