Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

トヨタ、GM、NVIDIAらが自動運転技術開発コンソーシアム設立。実用化への課題解決でスクラム

Bosch、デンソーなども参加

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月10日, 午後05:00 in Transportation
37シェア
7
30
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

自動運転車の実用化には研究開発上の課題がまだまだ残されています。たとえばこれらの多くは電気自動車であるため、自動運転ユニットにも無尽蔵に電力を供給するわけにはいきません。また自動運転時の安全性をいかに確保するか、だれでもわかる操作性の確立、走行時のデータ管理などなど、課題は枚挙にいとまがありません。なにより、1つの企業の枠の中で開発しようとした場合、自動車の運転という複雑な作業におけるあらゆる事象を想定に含めることは、多大な労力と試行錯誤が要求されるはずです。

そこで、自動運転および自動運転車両をスケーラブルに展開するためのプラットフォーム作るのために、自動車企業および自動運転技術企業が協力する共同事業体Autonomous Vehicle Computing Consortium (AVCC)が設立されることになりました。

このコンソーシアムには、トヨタ、GMという日米を代表する自動車メーカーにARM、BOSCH、コンチネンタル、デンソー、NVIDIA、NXPといった技術企業がスクラムし、自動運転車の開発における複数の課題解決にのぞみます。

団体は、まず共通のコンピューティングプラットフォームのアーキテクチャに関する要件をまとめることを最初のステップとしています。ARMの広報責任者Alex Harrod氏は「このグループは専門知識と共通の目標の独自の組合せを結びつけるもの」だとしており、団体内外の利害関係者、自動車のエコシステムに含まれるメンバーからの意見を広く求めていくとのこと。

これまでの自動運転技術開発はテスラやGoogleのWaymoなどが多く話題に取り上げられる一方で、既存の自動車メーカーやAI技術スタートアップなどが、独自に開発を進めるのが主流でした。テスラのように、まだ完全自動運転ではないAutopilot機能を早くからユーザーに提供し、その走行データを収集することで手間を大きく省き、開発を効率化しているとされる企業もあるものの、多くは安全最優先の観点などから顧客にまだ本格的な自動運転機能は提供していません。

AVCCにはいまのところ、最終的に自動運転車を売るメーカーとしてはトヨタとGMの2社しか参加していません。しかし自動運転技術開発まで手が回らなかったり、独自の開発に行き詰まったメーカーなどが合流するようになれば、いつのまにか大きな流れになっている可能性もありそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

37シェア
7
30
0

Sponsored Contents