Sponsored Contents

securityの最新記事

Image credit:
Save

Google、USB-C対応のTitanセキュリティキーを40ドルで米国発売

スマートフォンでも使えるので便利

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月15日, 午後01:30 in security
44シェア
9
35
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
Googleが日本でも販売しているTitanセキュリティキー。その最新版となるUSB Type-C対応モデルが、米国で発売となります。価格は40ドル。


これまでのTitanセキュリティキーはUSB Type-AとBluetooth、NFCで利用できるものでしたが、新しいUSB-C Titanセキュリティキーは、最近増えているUSB Type-Cで利用可能。GoogleやMicrosoftらと共に、FIDO U2FやFIDO2といった規格の策定にも尽力している、セキュリティキーの有力メーカーYubicoと共同開発したとのことです。

見た目は、すでにYubicoが発売中のYubikey 5Cと同じですが、ファームウェアはGoogle独自のものになっています。ただし、従来のTitanセキュリティキーと同様に、FIDO2規格に準拠しているので、Googleアカウントのログインのほか、TwitterやFacebook、DropBoxなどの2要素認証でも利用できます。

従来のType-Aタイプと同様に、Android、Chrome OS、macOS、Windowsで利用可能。iPad ProにもUSB Type-Cはありますが、残念ながらiOS、iPadOSでは利用できません。なお、Yubicoには、iPhoneのLightningコネクタでも利用できるYubikey 5Ciというモデルもあります。

Type-Cのセキュリティキーは、Androidスマートフォンでも手軽に利用できるのが魅力です。フィッシング対策にも大きな力を発揮するだけに、日本での発売も期待したいところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

44シェア
9
35
0

Sponsored Contents