Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

クックCEO、トランプ大統領とテキサス州の新Mac Pro工場を視察の噂

これも会社のため

Kiyoshi Tane
2019年11月13日, 午後03:20 in Apple
37シェア
5
32,"likes":27
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ASSOCIATED PRESS

米トランプ大統領とアップルのティム・クックCEOが、早ければ来週にもテキサス州にあるアップル製品の製造施設を視察する見込みとの噂が伝えられています。

米Reutersによると、事情に詳しい関係者2人がこの視察旅行を明らかにしたとのこと。それと合わせて「アメリカ国内で操業している企業を紹介する予定」という目的も伝えられています。

トランプ氏は米国内に製造業を呼び戻して雇用を創出する政策を打ち出しており、台湾Foxconnにウィスコンシン州に液晶パネル工場を建設させるよう働きかけたこともありました。アップルもこれに応えるように全米各地で雇用を拡大する計画を発表しており、トランプ氏が「米国内で製造業の復活」をめざす企業のお手本として紹介しようとする意図が窺えます。

かたやアップル側は、Apple WatchやAirPodsなど、中国で製造する自社製品に対する関税の免除を申請しており、トランプ政権との関係を良好に保つ配慮があると思われます。

この件について、アップルはコメントを避けたとのこと。その一方でホワイトハウスのスポークスマンは、現時点では大統領のスケジュールは発表できないと述べており、いずれも否定も肯定もされていません。

クック氏はトランプ氏とつかず離れずの関係を維持するよう努めており、アメリカ労働力政策諮問委​​員会などにも参加しています。そのさいにトランプ氏に名前を言い間違えられたことをネタにして、自分のTwitterアカウント名を「Tim Apple(アップルのロゴ)」に変えたこともありました

穏やかなクック氏は放言が絶えないトランプ氏とは正反対の性格のようでもあり、移民やその他の社会問題でも見解を異にしています。が、「自分の会社の利益を守る」ためにトランプ氏やその家族との「あり得ない」関係を築いているとも伝えられていました

アップルは9月に、新型Mac Proを今回の訪問先とされたテキサス州オースティン工場で製造すると発表しています。この工場は前モデルのMac Proが製造された場所でもあり、アップル製品にとって「MADE IN USA」の象徴といえる施設です。ここで新型Mac Proを引き続き組み立てる決定は、おそらくトランプ氏に花を持たせる気配りが含まれていたと推測されます。

しかしアップルが関税免除申請をした新型Mac Pro用パーツのうち、一部は却下されています。クック氏がトランプ氏の国内雇用創出アピールに助力したとしても、Twitter上で「サンキュー、ティム」の一言で済まされる可能性もありそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Reuters
関連キーワード: apple, AppleRumor, macpro2019, tim cook, trump, usa
37シェア
5
32,"likes":27
0

Sponsored Contents