Sponsored Contents

Paymentの最新記事

Image credit:
Save

トヨタのスマホ決済「TOYOTA Wallet」、iOS版が配信開始。電子マネー・コード決済で3つの決済方法を用意

MONETを見据えて……はちょっと気が早すぎない?

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月19日, 午後04:30 in Payment
228シェア
39
189,"likes":164
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

トヨタファイナンスは、スマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」の提供を開始しました。iOS向けアプリで、手数料などは無料で利用できます。

トヨタブランドを冠するものの、スマホ決済では後発となったTOYOTA Wallet。後発ならではの強みとして、3つの支払い方法を搭載してきました。

1つ目がToyota Wallet残高のApple Pay決済。銀行やクレジットカードからチャージした残高を使える電子マネーで、Apple PayのiDと、Mastercardコンタクトレスが利用できます。海外でも利用できるという点で、汎用性が高い決済方法と言えます。

2つ目の決済手段は「TS CUBIC Origami Pay」。トヨタファイナンスの発行するバーチャルクレジットカードで、コード決済「Origami Pay」加盟店での支払いが可能です。こちらは、トヨタ販売店での登録が必要ですが、物理カードを持たないクレジットカードのように利用できます。

3つ目は「銀行Pay」。こちらはGMOペイメントゲートウェイが手がけるコード決済サービスで、銀行の口座残高から直接支払うというデビットカード的な使い方ができます。登録できる銀行口座は三井住友銀行のみで、TOYOTA Wallet 残高のチャージ用に登録すると、自動で銀行Payも使えるようになります。

注意したいのがこれら3つの支払い手段は別々の加盟店網が存在すること。iDは国内で比較的普及している電子マネーですが、Origami Payや銀行Payの対応加盟店はあまり多くありません。また、決済手段に応じたチャージ方法を使う必要があるため、たとえば「Origami Pay加盟店で銀行口座から直接支払いたい」といった用途にはこのアプリでは対応できないでしょう。

TOYOTA Wallet

トヨタがキャッシュレス決済を盛り上げる狙いは、今後続々登場する(予定となっている)、モビリティ関連サービス(MaaS)の決済手段として普及させることにあります。そのため、このアプリでは、トヨタレンタカーやTOYOTA Share(カーシェア)、KINTO(クルマのサブスクサービス)、MONET(モビリティサービス)といった移動サービスへのリンクが設置されています。

MONETのような自動運転を前提としたサービスの場合、実際に提供できるのは数年先になるものと思われますが、今回のTOYOTA Walletの提供は、あくまでその未来を見越した動きということになるでしょう。一方で、特にコード決済業界の勢力図は数か月単位で大きく推移しています。MONETの本サービスが開始される頃には、TOYOTA Walletはまったく別のアプリとして存在している可能性もなきにしもあらず、といったところです。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: TOYOTA
228シェア
39
189,"likes":164
0

Sponsored Contents