Sponsored Contents

homeの最新記事

Image credit:
Save

Echo Dot with clockの時計表示は何が出来る? 実機で確認してみた

カウントダウンが見やすくて便利

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月23日, 午前11:30 in home
20シェア
5
15,"likes":6
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

日本でも10月16日に発売となった、Echo Dot with clockと第3世代のEcho。発売からすでに1か月以上経過しているタイミングですが、実際に製品をお借りして数日間利用してみたので、Echo Dot with clockを中心に、簡単なレビューをお届けます。


まず外観ですが、Echo Dot with clockは、側面にデジタル表示が追加されている以外は、第3世代のEcho Dotと共通です。背丈の違いはあるものの、第3世代Echoとも共通したデザインです。

Echo Dot▲デジタル表示以外は第3世代Echo Dotと共通

Echo
▲第3世代のEchoは、第2世代のEcho Plusと外観上は同じ。違いはZigbee規格対応スマートホームハブを内蔵しているかどうか

さすがにスピーカーサイズが異なるためか、付属のACアダプタはEcho Dot with clockが15W、Echoが30Wと異なっています。

Echo AC Adapter
▲左:Echoに付属のACアダプタ、右:Echo Dot with clockのACアダプタ

Echo Dot with clock最大の特徴である側面のデジタル表示は、通常は時計の表示になっていますが、それ以外にもいくつかの表示を行えます。

まずはタイマーのカウントダウン。これは1時間を切ると利用可能。1時間以上の場合は、時計右上にドットが表示されます。また、アラームが設定されている場合には時計の右下にドット表示です。

Echo Dot
▲1時間以上のタイマーがセットされている場合、時計の右上にドットを表示

Echo Dot
▲60分を切るとカウントダウンを表示します

Echo Dot
▲アラームは時計の右下にドット表示

アラームについては、上面をタップするとスヌーズを行えますが、停止するには音声操作が必要です。このタップジェスチャー機能は、Echo Dot with clockにはあるものの、Echoにはない機能です。

デジタル表示では、ほかにも今日の天気や気温を尋ねると、現在の気温を表示してくれます。また、ボリューム操作時には現在の設定を表示します。

Echo Dot
▲分かりづらいですが温度表示。これは「7℃」と表示しています

本体に光センサーを内蔵しており、周囲の明るさに合わせて表示の輝度を調整してくれます。夜間、爛々とLEDが光って眩しいなんてことはありません。


Echo Dot
▲左:最低輝度、右:最高輝度

なお、明るさはAlexaアプリからも調整できます。

Echo Dot▲Alexaアプリからディスプレイを消して、ただのEcho Dotとして利用も可能

肝心のスピーカーとしての性能ですが、ややこもった印象もありますが、しっかりと低音が感じられる音を出してくれます。音楽をBGM的に流すには十分な音質でしょう。もちろん、第3世代のEchoのほうは、よりクリアに聞こえます。

Echo Dot with clock、Echo共に2台のスピーカーを使ってステレオペア、あるいはスピーカー1台とサブウーファーを使ってスピーカーセットを設定できます。同じスピーカーを利用する必要があるため、たとえばEcho DotとEchoを組み合わせることはできません。音のバランスが悪くなりそうなので、そこは仕方がないのでしょう。

Echo Dot

ちなみに、第3世代Echoの底面には4mmのねじ穴と電源用(?)の端子がありました。すでにサードパーティーから天吊り用のアダプタなどが出ていますが、今後、なんらかの純正アクセサリが登場するのかもしれません。

Echo
▲端子部にはゴムの蓋がついています

Echo Dotのほうが天吊りなどもしやすそうですが、こちらには何もありませんでした。ここはスピーカーとしての性能を重視しているためなのかもしれません。

ともあれ、これからEcho Dotを購入しようと考えているなら、1000円高くなりますが、Echo Dot with clockのほうをお勧めしたいところです。Echoについては、完全に音楽用スピーカー用途としても検討対象になるかと思います。Echo Plusとの違いはスマートホームハブの有無だけなので、すでにHueなどのゲートウェイを持っているなら、6000円安いEchoのほうがお得です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

20シェア
5
15,"likes":6
0

Sponsored Contents