Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

ソニーがあらゆるゲームをマルチプレイにできる特許を取得。PS5でのチーム戦が進化か

車長や操縦手、砲手が協力プレイできる戦車ゲーム期待

Kiyoshi Tane
2019年12月9日, 午後05:30 in gaming
296シェア
18
278,"likes":256
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

USPTO

ソニーの次世代ゲーム専用機プレイステーション5(PS5)には謎に包まれた部分が多いのですが、同社があらゆる1人用のゲームを多人数で遊べるマルチプレイにできる特許を取得したことが明らかとなりました。

「ビデオゲームでのコントロールの共有とコントロール受け渡しの分岐」と題された特許を発見したのは、オランダのテック系サイトLetsGoDigitalです。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が2018年半ばに米特許商標庁(USPTO)に申請し、12月5日に承認されています。

これは複数のゲームコントローラー(ソニーの場合はDUALSHOCK4など)を1つのゲームコントローラーのように使えるようにするもの。基本的にはXbox OneのCopilot(副操縦士)の延長上にありますが、あちらはローカルで2人(2つ目のコントローラーをゲーム機本体に接続する必要)に限られていたのに対して、こちらはローカルおよびクラウドゲームの両方で最大4人までが想定されています。

例えば2人のプレイヤーが『Call of Duty』や『Destiny 2』などFPS(一人称視点シューティング)をプレイする場合、1人がプレイキャラクターの移動を担当し、もう1人が射撃の照準を担当できるといったぐあいです。さらに3人目が射撃のトリガーを引く係となり、4人目に装備の使用を割り振ることもできます。

もちろん他のジャンルでも利用でき、格闘ゲームで1人が移動の立ち回り、もう1人が攻撃ボタンを受け持つ遊びかたも可能です。同じ部屋で一緒にプレイすることも、クラウド経由で別々の場所でもよく、全てのゲーマーは同じプレイ画像を見ることができます。メインプレイヤーがSNS経由で招待状を送信し、他のプレイヤーに参加してもらうかたちです。

さらにメインプレイヤーが、他の参加プレイヤーが担当する操作部分を割り振ったり、時間制のローテーションを組むのも可能とのこと。たとえば4対4でのチーム戦の場合、キャプテンが誰がどのボタンや操作を受け持つかを決められるほか、2分ごとに次の人に交代する設定にもできるわけです。特許に添付されたイメージでは、『鉄拳7』のような対戦格闘ゲームで4 vs. 4のチーム戦をする場合が図示されています。

ほか、仮想通貨を支払って操作を引き継ぐことや、ゲームプレイを引き継ぐ人を投票で決めることも想定されており、可能性は無限に広がっています。将来的には一両の戦車に複数のプレイヤーがクラウド経由で乗り込んで車長や通信手、操縦手、砲手などを役割分担して大洗の街で戦うPS5向けゲームが出てくるのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: USPTO
関連キーワード: game, gameconsole, gaming, playstation, playstation5, ps5, sie, sony
296シェア
18
278,"likes":256
0

Sponsored Contents