Sponsored Contents

iPhone Tipsの最新記事

Image credit:
Save

仮眠に最適なレシピを「ショートカット」で作って、快適にお昼寝しよう!:iPhone Tips

15〜20分程度のお昼寝がGood

19シェア
4
15,"likes":2
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
お昼寝の習慣がある人は少なくないと思います。かくいう私もその1人で、お昼休みや休日の昼食後などに15分〜20分程度の短い仮眠を取ることにしています。そのときに必須なのがタイマーなのですが、毎回設定するのはちょっと面倒。かといって、目覚ましがないと寝すぎてしまう可能性がありますよね。

そんなときに便利なのが「ショートカット」アプリです。ショートカットでレシピを作っておけば、お昼寝のためのタイマーセットがたったのワンタップでOK。加えて、アラームの音楽や音量まで自分好みにカスタマイズ可能です。簡単に作れるレシピなので、ぜひ挑戦してみてください。

Gallery: お昼寝レシピ | 13 Photos

13

まずはレシピを作る

まずはレシピを作りましょう。「ショートカット」アプリを開き、画面左下の「マイショートカット」をタップ。画面が切り替わったら、「ショートカットを作成」を選びます。

iPhone
▲「ショートカット」アプリを開き、「マイショートカット」をタップ(左)。続けて「ショートカットを作成」を(右)

次に「アクションを追加」を選び、レシピを使ったときに実行される「アクション」の内容を決めます。お昼寝を始めて何分後にアラームが鳴るかを設定しましょう。「アクションを追加」をタップし、検索ボックスに「待機」と入力。出てきた候補のなかから「待機」を選択します。

iPhone
▲「アクションを追加」をタップ(左)。画面上の検索ボックスに「待機」と入力し、出てきた候補のなかから「待機」を選択(右)

「新規ショートカット」画面に「1秒待機」というアクションが追加されました。「1秒」の部分をタップし、出てきた「+」を長押しして時間を設定します。今回は20分お昼寝をしたいので、「1200秒」に。これでレシピを使用してから1200秒後に、次のアクションが実行される設定ができました。

iPhone
▲「1秒」の部分をタップし、「+」を長押ししてタイマーを設定(左)。今回は20分のお昼寝タイムということで、「1200秒」にしました(右)

次に、アラームの音量を設定します。画面下の「+」をタップし、検索ボックスに「音量」と入力します。続いて、出てきた候補のなかから「音量を設定」を選択。

iPhone
▲「+」をタップし、検索ボックスに「音量」と入力(左)。「音量を設定」を選びましょう(右)

「新規ショートカット」画面に「音量を50%に設定」が追加されました。「50%」の部分をタップすると音量バーが出てくるので、アラームの音量を調節します。大きな音でしっかり目覚めたい人は50%以上、小さめの音で気持ちよく起きたい人は40%以下にするのがおすすめです。

iPhone
▲「50%」の部分をタップすると音量バーが現れるので、ここでアラームの音量を調節しましょう(左)。大きな音が鳴ると驚いてしまうので、30%に設定しました(右)

アラームのときに流れる音楽も選べます。画面下の「+」をタップし、検索ボックスに「プレイリスト」と入力。候補のなかから「プレイリストを取得」を選択します。

iPhone
▲「+」を押し、検索ボックスに「プレイリスト」と入力(左)。「プレイリストを取得」をタップします(右)

「新規ショートカット」に追加された「プレイリストの曲を取得」の「プレイリスト」の部分をタップします。すると「ミュージック」アプリに入っているプレイリストが表示されるので、そのなかから好きな曲を選びましょう。

iPhone
▲「プレイリスト」の部分をタップし、「ミュージック」アプリのプレイリストのなかから好きな曲を選びます(左)。穏やかな気分で起きたいので、クラシックを選択しました(右)

最後に、先ほど取得した曲が再生されるように設定します。「+」をタップし、検索ボックスに「再生」と入力。出てきた候補のなかから「ミュージックを再生」を選択します。

iPhone
▲「+」をタップし、検索ボックスに「再生」を入力しましょう(左)。「ミュージックを再生」を選択(右)

これでアクションの設定は完了です。「新規ショートカット」画面右上の「次へ」をタップし、レシピに名前をつけましょう。

iPhone
▲右上の「次へ」をタップ(左)。ショートカットに名前を決めます。ここでつけた名前をSiriに話しかけると、ショートカットを実行してくれます(右)

名前を決めたら、画面右上の「完了」を。これで準備は完了です。作ったショートカットが「マイショートカット」に加わりました。

iPhone
▲右上の「完了」をタップ(左)。レシピが完成し、「マイショートカット」に追加されました(右)

レシピを使ってみる

それでは完成したショートカットを使ってみましょう。「ショートカット」アプリを開き、「マイショートカット」で作成したショートカットをタップします。あとはお昼寝をするだけ。20分後にお気に入りの音楽が起こしてくれます。

iPhone
▲「マイショートカット」で「お昼寝」をタップし、お昼寝しましょう(左)。20分後、アクションが実行されてアラームが鳴りました(右)

お昼寝の時間やアラーム音を変更したいときは、「マイショートカット」を開いて「お昼寝」レシピの「...」の部分をタップ。最初にアクションを設定したときと同様に時間や音量、音楽を変更できます。

iPhone
▲「マイショートカット」に表示されている「お昼寝」レシピの「...」をタップ(左)。設定は自由に変更できます。変更後は、右上の「完了」を忘れずに(右)

このレシピはお昼寝のときだけでなく、勉強やスポーツのときにも便利です。「ショートカット」アプリを開いてワンタップでアラームを設定できるので、やりたい作業にすぐ専念できます。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: iPhone, iPhone Tips, mobile, shortcut, sleep, smartphone, Tips
19シェア
4
15,"likes":2
0

Sponsored Contents