Sponsored Contents

Businessの最新記事

Image credit:
Save

テスラ、マスクCEOに初の成果報酬、時価7億ドル超。業績好調で12ある条件の1つを達成

しかしこれからが大変

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年5月30日, 午後12:10 in Business
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


テスラが、イーロン・マスクCEOに最初の成果連動報酬の支払いを実施しました。支払いといっても手続き上はテスラ株式約170万株を1株あたり約350ドルで購入する権利が与えられるという内容。これは5月28日の終値約806ドルで換算すれば含み益が約7億7500万ドル(約835億5000万円)にのぼります。

マスクCEOはテスラ株式の20.8%を所有していますが、CNBCによればサラリーは受け取ってはいません。
2018年に設定された10年間の報酬パッケージにより、マスク氏への報酬は複数種類の要件が設定された12以上のトランシェに分けられ、それぞれの要件を達成するごとに支払われる仕組みになっているとのこと。

今回の報酬支払いは、テスラの株式時価総額の6か月移動平均を30日間連続で1000億ドル以上に維持する条件を満たし、さらに年間収益を200億ドル以上とするか、EBITDA(税引前利益+特別損益+支払利息+減価償却費)から株式ベースの報酬を差し引いた額を15億ドル以上にするという条件を満たしたことで行われました。ただし記事執筆時点では、マスク氏がこの報酬を受け取ってすぐに株式購入を行ったかは明らかではありません。

なんとも複雑な条件の報酬プログラムですが、テスラはこの仕組みを採用した際「スタートアップの原点を反映」したものだと説明しており、条件はすべてテスラの財務実績に結びつけられています。なお、12分割されたすべての支払要件を満たせば、マスク氏には28日の株価で換算すれば最大で650億ドルが支払われるとのこと。

スケールの大きな、夢のある話ではあるものの、テスラがこのまま成功を持続できるかはわかりません。テスラは電気自動車分野で先頭を突っ走っていますが、メジャーな自動車メーカーが本気を出してEVにシフトしてきたときに状況がどうなるか、そしていまも完全には終息していない新型コロナウイルスの影響が経済に与える打撃といった問題をテスラはクリアしていかなければなりません。

ちなみに、テスラの株主リチャード・トルネッタ氏は、この報酬プログラムによってテスラ取締役会がマスク氏に過剰な報酬を与える可能性があり、受諾者責任に反するとして訴訟を起こしています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: CNBC, USA Today
関連キーワード: Business, Elon Musk, gear, news, Tesla, Transportation
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents