IEEE 802.11n 今年9月に承認へ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年07月24日, 午後 03:01 in ieee
0シェア


もはや正式な規格名なのではというくらい耳に馴染んでいた「IEEE 802.11nドラフト2.0」がようやくドラフトの殻から羽ばたくことになりました。IEEE 802.15ワーキンググループのBob Heile議長が明らかにしたもので、11nは次回のIEEE標準化検討委員会(RevCom)にかけられ、承認される見込みです。ちなみに次回委員会は9月11日。

長いあいだ待たせておいてけっきょく正式版はどうなったの、という話ですが、PC Watchのレポートによると現行の11nドラフト2.0製品はそのまま11n製品として認められるとのこと。データ転送の効率性を向上させるパケットアグリゲーションや、パフォーマンスを向上させるマルチアンテナ伝送手法などが新機能として追加される予定ですが、あくまでオプション扱いです。

[Via Digg]

Read - PCMag
Read - PC Watch

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: ieee, ieee 802.11n, Ieee802.11n, wifi
0シェア