ソニー初のBA型イヤホン11種発表、ボックスレスのノイズキャンセリングモデルなど

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年09月20日, 午後 01:45 in ba
0シェア

ソニーがヘッドホンの新製品を一挙に11種類発表しました。ふつうのステレオイヤホンがグレード別に4種類、マイク・リモコン付きも同じく4種類、Bluetooth対応のワイヤレスモデルが1種類、水洗い可能なスポーツモデルが1種類、そしてノイズキャンセリングタイプが1種類。いずれも従来のダイナミック型ドライバーユニットではなく、「小型・軽量、高感度、高解像度、高遮音性という特性」のある自社開発のバランスド・アーマチュア(BA)・ドライバーユニットを同社製品としてははじめて採用しており、Sony BA Premium Headphones(ソニー BA プレミアム ヘッドホン)なるブランドをアピールしています。

中でも面白いのが、ノイズキャンセリングタイプの XBA-NC85D (下段左)です。ノイズキャンセリングタイプの従来品は乾電池ボックスなどが別途ケーブルにくっついたデザインでしたが、XBA-NC85D は電池などをすべてハウジング内に集約することで世界初のボックスレスデザインを実現しました。これにより電源は内蔵充電池となり、充電は専用のUSB充電アダプターを通じてPCへ接続するという仕組み。斬新です。バッテリー駆動時間は約20時間。ノイズキャンセリング性能としては「約97.5%もの高性能な騒音低減」を謳っています。

Sony BA Premium Headphones シリーズは11月10日に一斉発売で、ワイヤレスモデルの XBA-BT75 のみ11月21日発売。お値段はふつうタイプの7455円から。ちなみにXBA-NC85D は4万3050円です。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: ba, earphone, headphone, sony, Sony BA Premium Headphones, SonyBaPremiumHeadphones
0シェア

Sponsored Contents