アップル iPhone 4S 、発売から3日間で400万台を販売。iCloudは2000万人超

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年10月18日, 午前 09:05 in apple
0シェア

アップルが新 iPhone 発売後のお約束、初週の販売台数プレスリリースを発表しました。アップルによると、iPhone 4S の販売台数は最初の3日間で400万台超。前モデル iPhone 4の3日間で170万台、先々代 iPhone 3GS の100万台をさらに上回る数字です。

名実ともに「史上最高の iPhone」(アップル)としての人気はもちろん、iPhone 4 は4か国先行だったのに対して 4Sはすでに7か国で買えること、また au でも使えるようになった日本国内のように、各国でさらに多くの携帯キャリアから提供されていることも貢献したと考えられます。発表によると、iPhone 4S は今月28日には上記に加えてさらに22か国で、年末までには計70か国以上で販売される見込み。

また14日の iPhone 4S発売に先だって提供された iOS 5 はすでに2500万人が利用しており、クラウドサービス iCloud には2000万人以上が登録したこともあわせて発表されています。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, breaking news, icloud, ios, ios 5, Ios5, iphone, iphone 4s, Iphone4s
0シェア