MS のクラウドストレージ SkyDrive が API 提供拡大、対応アプリも登場

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年12月13日, 午後 10:00 in api
0シェア
FacebookTwitter

マイクロソフトのクラウドストレージ SkyDrive が、新しい API の提供を開始しました。無料で 25GB まで利用できる SkyDrive は、Windows Phone 7 では Office ドキュメントや写真のクラウド同期などに利用されており、また Windows 8 では Metro アプリから直接利用できるストレージとして統合される計画も発表されています。その一方で SkyDrive とやりとりできるファイル形式は、アルバムデータやプロフィール画像などに制限されており、開発者にとってはアプリから自由に使えるクラウドサービスというわけではありませんでした。

今回の MS の変更はこの制限を緩和するもので、今後はカレンダーデータや、写真・動画・ドキュメントファイルなど、様々なファイルのアップロード、あるいはダウンロード、クラウド上での直接編集、他ユーザとの共有などが可能になります。依然としてすべてのファイル形式で利用できるわけではなく、たとえば mp3 には対応していないので、そのまま SkyDrive を利用したクラウドストリーミングサービスを作れるというわけではありません。

それでも、SkyDrive を利用するアプリの幅が広がったことは間違いなく、すでにカメラ画像を編集してそのままクラウドへ保存できる handyscan が、新 API 対応の Windows Phone アプリ第一弾として公開されています。もちろん、この API は Windows 8 からも利用可能。Windows Store から出てくるアプリがまたすこし面白くなりそうです。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: api, cloud, microsoft, skydrive, windows 8, windows phone, windows phone 7, Windows8, WindowsPhone, WindowsPhone7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents