『au未来研究所』開設、ユーザーが研究員になる仮想オープンラボ。神山健治 監督のSTSTとコラボ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年11月6日, 午後 03:54 in au
0シェア


KDDIが、ウェブ上の仮想オープンラボ『au未来研究所』を開設しました。英字表記は au Unlimited Future Laboratory で A.U.F.L.

発表文いわく、au未来研究所は「想像力を活用し、未来の携帯電話のあり方をお客さまや外部パートナーと共に創造するため、KDDI研究所の付帯組織として」開設したウェブサイト。

ユーザーは Facebook や Twitter アカウントでログインすることで「研究所員」となり、「au未来研究所の極秘研究情報などを見ていただけます」(KDDI)。機密の扱いについてはわりとアバウトな所風のようです。

具体的な研究活動としては、「お客さまからアイデアを募集し、その想像力を未来の携帯電話開発に活かしていく取り組み」を実施予定。

また研究所とコラボレーションしてゆくパートナー企業としては STEVE N' STEVEN (スティーブンスティーブン、STST)の名が挙げられています。STSTは、『攻殻機動隊 S.A.C.』や『東のエデン』で知られる神山健治 監督がCEOを務める企業。お得意の「未来っぽい」アニメーションを通じて、新技術や新たなコミュニケーションのあり方、未来の携帯電話やウェアラブルデバイスといったテーマを見せてゆく予定です。



iOSやAndroidの標準ブラウザではこう見えます。未来はFlashにあり!

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: au, aufl, kddi, kenji kamiyama, KenjiKamiyama
0シェア