WiMAX 2+対応ルータWi-Fi WALKER HWD14に不具合修正アップデート、再接続しない病を改善

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年12月9日, 午後 12:01 in au
0シェア
FacebookTwitter


WiMAX2+ 対応のモバイルルータ Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14 に不具合修正のアップデートが実施されました。適用後のバージョンは 11.031.09.00.824。内容はアンテナバー部分が圏外やSLEEP表示になったまま復帰しない、または時間がかかる 「再接続できない病」などの不具合改善。

(UQ野坂社長インタビューより
。HWD14を手にする野坂社長。)

UQ / au 販売ファーウェイ製造のHWD14といえば、現時点で WiMAX2+ に対応する唯一のモバイルルータ製品。まだエリアが狭い WiMAX2+ に加えて従来の WiMAX、さらに au の4G LTEにも対応(※)するトライブリッドモデルとして、店頭でも積極的に推されている製品です。(※ オプション扱い。使った月は月額+1055円)。

しかしWiMAX2+ を含めた3規格に対応する初の製品であるためか、ソフトウェアは不安定で、特にWiFi接続の機器からインターネットに出ようとしても「SLEEP」表示のままつながってくれない、ルータとして致命的な症状は不評でした。

今回のアップデートで修正される主な不具合は、
  • WiMAX通信の利用で、圏外から圏内に復帰した時に接続に時間がかかる場合があります
  • 時計表示がずれる場合があります。
  • USB3.0ポートにUSB接続した際、パソコン側から認識されない場合があります。

アップデートは端末のタッチ画面で設定 > オンラインアップデート > アップデートボタンから。デフォルトで自動検出になっています。サイズは約90MB、WiMAXで約10分、WiMAX2+ で約5分。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au, huawei, hwd14, kddi, uq, uq wimax, wifi walker, wimax, wimax2+
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents