iPhone をサーマルカメラ化するケース FLIR ONE、軍用ナイトビジョン技術を採用

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年01月8日, 午後 04:55 in CES 2014
0シェア

サーモグラフィ関連機器大手の米FLIR Systems が、iPhone をサーマルカメラ(熱探知カメラ)化するケースFLIR ONE を発表しました。

FLIR ONE の中央に並ぶ2つの穴は、一方がサーマルカメラでもう一方が通常撮影用カメラ。2つのカメラで撮影したデータを専用アプリFLIR ONE APP のMSX blending 機能で統合し、静止画や動画としてiPhone に保存するしくみです。

またFLIR ONE APP では、撮影した画像をFacebook やTwitter などのソーシャルメディアに直接アップすることなども可能です。



FLIR ONE 本体には1400 mAh のバッテリーを内蔵し、撮影とiPhone の充電のどちらに使用するか選択が可能。連続撮影時間は約2時間。充電はUSB 経由で行ないます。

本体サイズは139.7 x 60.96 x 21.59mm、重さ90.718g。カラーはスペースグレイ、ホワイト、ゴールドの3色。対応機種はiOS 7 を搭載するiPhone 5 / 5s。

販売価格は350ドル以下、発売は2014年春の予定です。また一部のAndroid 端末用FLIR ONE も2014年後半に発売予定としています。


FLIR Systems は米軍にもサーモグラフィ機器を納入していますが、FLIR ONE が搭載するサーマルセンサ技術は、元々軍用ナイトビジョンシステムのために開発されたもの。なおX線センサではないため壁などの透視はできません。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: CES 2014, ces2014, FLIR One, flir systems, iphone, thermal camera, Thermographic, thermography, thermometer, thermometers
0シェア

Sponsored Contents