Windows Phone 8とAndroidのデュアルOS携帯は三か月以内に発売、インドのKarbonnが予告

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年03月4日, 午前 07:29 in android
0シェア


インドの携帯電話メーカー Karbonn Mobiles が、Windows Phone 8 と Android のデュアルOSスマートフォンを今年6月までに発売します。


Windows と Android のデュアルOSといえば、PC やタブレットではさまざまな製品が販売されてきましたが、携帯電話では例外的なプロジェクトやハックを除きほとんど例がありません。

インドKarbonn Mobiles のチェアマン Sudhir Hasija 氏がリンク先の Times of India 誌に語ったところによると、Karbonn とマイクロソフトは2月末にライセンスについて合意しており、今後3か月以内にも複数の Windows Phone / Android 端末を販売する見込み。

Karbonn のハイブリッド端末については、オフィスで業務にスマートフォンを使うユーザーや技術マニアがターゲットとされていますが、具体的な製品ラインナップや価格帯についてはまだ情報がありません。

同氏によれば、マイクロソフトは(Windows Phoneをライセンスする際の)条件を緩めており、プラットフォームを従来よりも多くの企業に開放しつつあるとのこと。


Windows Phone といえば、ゼロからのスタートであったために成長率としては好調でありつつ、モバイルOS全体のシェアからみればまだまだ誤差程度といった状況が長く続いてきました。

またマイクロソフトとAndroid といえば、まもなく正式にマイクロソフトの一部となるノキアからは、新興国市場向けの安価なスマートフォンとして、Androidベースに独自のUXとマイクロソフト寄りのサービスを載せた Nokia X シリーズが発表されたばかり。

マイクロソフトが手段を問わず Windows Phone 8 の浸透を図っているのならば、インド以外でもさまざまなメーカーから Windows Phone x Android (またはそのほか) のハイブリッド端末が登場することになりそうです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, dual os, india, karbonn, microsoft, windows phone, windows phone 8
0シェア

Sponsored Contents