「ながら視聴」も可能に。iPad版YouTubeアプリがiOS 9のSplit ViewとSlide Overに対応

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年03月24日, 午後 02:45 in gadgetry
0シェア
iPad 版の YouTube アプリがバージョン11.10を公開しました。新機能として iOS 9 と iPad Air 2以降の組み合わせで使える画面分割表示 Split View と Slide Over に対応しています。(Slide Over はiPad Air以降対応)この変更によって、YouTube で動画を見ながら Safari でウェブページを読む、YouTube のライブストリーミングを見ながら Twitter でツイートするといったことがiPad 1台で可能となります。

また BluetoothキーボードやSmart Keyboard を併用すればさらに入力効率もアップするため、iPad さえあれば外で仕事をこなせるようになる機会も今まで以上に広がるかもしれません。

ただ注意が必要なのは Split View や Slide Over を利用するには、同時に使おうとするアプリの両方がその機能に対応している必要があります。また依然として YouTube アプリはピクチャ・イン・ピクチャ機能をサポートしていません。

iPad 版 YouTube アプリのその他の新機能は以下のとおり。

- Slide OverとSplit Viewのサポートを追加
- iPadをランドスケープモードでご利用の際に、ホームタブをナビゲーションバーに移動
- 動画の説明文からURLを開けない問題を修正

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: gadgetry, gadgets, gear, google, internet, ios, ipad, ipadpro, productivity, slideover, splitview, youtube
0シェア

Sponsored Contents