iTunes 12.4公開。サイドバー復活、プレイリスト編集などUI改善もローカル音楽ライブラリ削除への対処は記載なし

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年05月17日, 午後 12:15 in app
0シェア
アップルが、iTunes 12.4を公開しました。今回のバージョンではサイドバーの常時表示復活などUIの変更により使い勝手を向上しています。一方、先日発覚したローカル音楽ライブラリーの削除問題は修正している"はず"ですが、リリースノートにはその旨の記載がありません。iTunes 12.4 では、ナビゲーションの戻る、進むボタンでミュージック内のローカルミュージック、Apple Musicの各項目など、さらにムービーやPodCast、App、iTunes Uなどのタブを移動履歴に従って行き来することが可能となりました。

またサイドバーの常時表示が復活し、昔ながらのユーザーには慣れ親しんだ操作が復活しています。プレイリストも、ドラッグで簡単に楽曲を追加可能となるなど、細かいところで改善が施されています。

ただし、リリースノートにはバグフィックス、パフォーマンス改善、脆弱性の除去とお決まりの文句が並ぶ一方で、先週話題となったローカル音楽ライブラリーの削除問題については特別な表記がありません。

アップルは報告の数こそ少ないものの、Apple Music サインアップ時にiTunesのローカル音楽ライブラリーが消えてしまったとするユーザーの声があることを認め、再現・確認作業はできていないもののアップデートでその問題に対処するとしていました。

もちろん、ローカル音楽ライブラリー削除の問題もバグであることには変わりないため、リリースノートの「バグフィックス」という言葉にそれが含まれている可能性もあります。ただ、確認がとれるまでは用心するに越したことはなさそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: app, Apple, audio, av, design, entertainment, files, itunes, library, music, services, software, ui, update
0シェア

Sponsored Contents