デルタ型で省スペース、5万円台の3Dプリンターがサンコーから発売。SDカードからもプリント可

相川いずみ
相川いずみ
2016年08月24日, 午前 11:00 in 3D
0シェア
FacebookTwitter

5万円台で購入できるデルタ型の3Dプリンター『3Dグレコ』が、サンコーから発売されました。

底面が三角形のデルタ型は、接地面積が少なく、机の上にもパソコンやディスプレーと一緒に置けるコンパクトさが人気です。また、ボックス型と異なり、フレーム構造になっているので、どの角度からでも見たり触れたりすることができるのもポイント。



本体サイズは、幅310×奥行き280×高さ670mm、重量は6.1kg。造形エリアサイズは、直径160×高さ280mm。高さがあるため、最大で高さ280mmの造形サイズが可能です。プリントスピードは、20〜60mm/s。価格は税込で5万9800円。

こちらが実際に『3Dグレコ』で制作された作品。なくしてしまったパーツの一部や入れ物のフタなどの代用品としても十分使用可能。お手軽に作れるので、アイデアを形にするのも簡単です。


インターフェースはUSBのほか、パネル部分の側面にはSDカードスロットを装備。PCがなくても、SDカードだけでプリントもできるようになっています。

完成品で届くので、組み立ては不要。届いたら即使えるのも嬉しい点。8月22日より、サンコーの直販サイト『サンコーレアモノショップ』やamazonなどで販売中です。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3D, 3d printer, 3dPrinter, 3dPrinting, Sanko
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents