「自己修復するスマホスクリーン」モトローラが特許出願。熱でひび割れが消える形状記憶ポリマー製

まだ実用化はなさそう

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年08月17日, 午後 02:15 in Mobile
0シェア
モトローラが、ひび割れても自己修復するスマートフォン画面の特許を出願しています。このスクリーンはガラスではなく、熱に反応する特殊な形状記憶ポリマーを使用しており、LCDまたはLEDディスプレイ上に、静電容量式タッチセンサーを重ねても機能するとのこと。

申請書類によると、形状記憶ポリマーはひび割れても加熱すればその部分がくっつき、もとどおりになります。必要とする熱は携帯電話そのものの発熱で十分なようで、ユーザーの体温でも機能するというから驚きです。

もしこの特許が実用化されるとすれば、これまでに幾度となく画面割れの修理をしてきた人にとっては、夢のような話です。ただ、The Vergeなどは現段階では特許を出願しただけであり、モトローラが(またはその親会社であるレノボが)技術的に自己修復するスクリーンを作り上げているという保証がないと指摘しています。

おそらく、形状記憶ポリマー製のタッチパネルはガラスほどタッチしやすくはなく、自己修復ができるにしてもその強度はやはり通常のガラスに比べて劣ると考えられます。
また、ポリマー素材は安っぽさが気になる可能性も高いため、もし実用化しても子供向けの玩具や、機能を優先する頑丈系スマートフォン/スマートウォッチなどといったアイテムへの採用にとどまるかもしれません。
[Image : Motorola]

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: crack, display, gear, lenovo, mobile, motorola, patent, screen, shapememorypolymer, smartphone, uspto
0シェア