サムスンモバイルCTOのインジョン・リー氏がGoogleへ移籍。Samsung Payや音声AIアシスタントBixBy開発の立役者

どうも、夏木ゆたかで(違います)

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年02月14日, 午後 06:45 in Mobile
0シェア
サムスンモバイルCTOで音声アシスタントBixByの開発を率いていたインジョン・リー氏が、Googleへ移籍したことを発表しました。Googleはリー氏がクラウドコンピューティング部門で新たな仕事開始することを認めています。サムスンでのリー氏は、Samsung PayやKnoxセキュリティプラットフォームの開発で重要な役割を担い、最近では音声AIアシスタントBixByの開発を主導するなど、ハードウェア色が濃い会社の中で話題あるソフトウェアづくりに携わってきました。

リー氏本人によると、Googleにおける新たな仕事として、クラウドサービスのトップに立つダイアン・グリーン氏の下で家庭/ビジネス両方のIoTブロジェクトに携わるだろうとのこと。ただ、具体的にどんな製品を扱うのかは明らかにしていません。

一方、CTOが抜けてしまったサムスンモバイルの方はと言うと、、すでにSamsung PayやKnoxサービスは軌道に乗っており、BixBy 2.0も2018年内のリリースに向けてスマートスピーカーはもとよりTVや冷蔵庫にまで搭載されて登場する予定とのこと。実際のところの影響はそれほどではないかもしれません。

しかし、これからサムスンモバイルで開発される新しいソフトウェアやサービスが、リー氏時代のような輝きを持ったものになるかは、蓋を開けてみるまではなんとも言えません。


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: AI, bixby, galaxy, gear, google, injongrhee, internet, internetofthings, knox, mobile, samsung, samsungpay
0シェア

Sponsored Contents