ダイソンが身に着ける空気清浄機の特許を出願。ヘッドフォン機能も供えるとの噂

皆が身に着けている姿にはディストピア感も

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年11月12日, 午後 03:00 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
NICOLAS ASFOURI via Getty Images
近年、問題視されている中国やインドの大気汚染ですが、対症療法的ではあるものの、ダイソンがそれに役立つ製品を開発しているかもしれません。

Bloombergによると、ダイソンが身に着けられる、ウェアラブルな空気清浄機の特許を英国で出願していたとのこと。具体的な仕様や形状は不明ながら、ヘッドフォンとしての機能も備える可能性があるとしています。

ダイソンと言えば掃除機のイメージが強いですが、空気清浄機のラインナップにも力を入れています。


その延長でウェアラブルな空気清浄機というのは、自然な流れなのかもしれません。ウェアラブルな空気清浄機は、首や肩にかけるものがいくつか市販されており、さして目新しい分野ではありませんが、ダイソンが手掛けるという点では、興味深い製品になりそうです。

また、本当にヘッドフォン機能を兼ねるとしたら、副次的ではありますが、ダイソン初のヘッドフォンということにもなります。空気清浄機の音を消すためのノイズキャンセリング機能を搭載するのかなどは気になるところです。

特許を出願したからといって、必ずしもそれが製品化されるわけではありません。しかし、アジアでの売上は、ダイソンの売上のほぼ4分の3を占めているとのこと。その意味で、空気清浄機のニーズが高い中国やインドは無視できない市場でもあり、この地域向けに開発を進めている可能性はありそうです。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: airpurifier, dyson, gadgetry, gadgets, gear, headphones, household, patent
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents