ソニーが超小型カメラRX0M2を発表。チルトモニターを備え、4K動画と手ブレ補正にも対応したアクションカム

やっとRX0のタフさが活用できますね

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年03月26日, 午前 11:15 in camera
0シェア
Engadgetソニーは4月12日にコンパクトデジカメ「DSC-RX0M2」を発売します。予想価格は8万5000円前後。

前モデルの「RX0」は2017年に発売されており、防水性と堅牢性を備えてコンパクトなサイズであるものの、手ブレ補正機能等は搭載せずアクションカムとしての用途は打ち出しません。複数台を組み合わせた多視点撮影が特徴という一風変わったカメラでした。
RX0からの大きなアップデートは2点あります。ひとつが動画撮影。これまでHDのみだった動画撮影が、4Kでの動画撮影に対応し、動画手ブレ補正が追加されました。これにより小型でタフな設計を活かしたアクションカムとしての立ち回りが期待できます。主な記録フォーマットは以下の通り。

・4K:3840x2160 30p/25p/24p (100M)、3840x2160 30p/25p/24p(60M)
・HD:1920x108060p/50p/30p/25p/24p (50M)、1280x720 100p/120p(50M)
・AVCHD:1920x1080 60i/50i(24M)、1920x1080 60i/50i(17M)

ふたつめは背面の1.5型モニターがチルト可能になった点。上方向に約180度、下方向に約90度可動するのでローアングルの撮影や自撮りが容易になります。前モデルと比較してサイズの奥行きが29.8mmから35mmになり、本体のみでの重さが約95gから約117gと大きくなってしまいましたが、撮影の幅は大きく広がりました。

Engadget▲ローアングルからとらえた町並みのスナップ。動物や子供の撮影などでチルトモニターが活躍しそうですね

前モデルから引き続き複数台を組み合わせた多視点撮影も可能です。RX0をアクションカムとして活用してSNSに投稿したいというユーザーのニーズにグッと寄ったカメラへと進化しました。

ほかの仕様は以下の通りです。
・1.0型Exmor RS CMOSセンサー
・有効画素数は1530万画素
・ZEISS Tessar T* 24mm F4.0レンズ
・最短撮影距離約20cm
・10m防水/防塵
・2.0m落下耐性
・200kgf/2000N耐荷重
・幅59×高さ40.5×奥行き35mm
・117g(本体のみ)

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: camera, digital camera, dsc, RX0, rx0m2, sony
0シェア

Sponsored Contents