新幹線への大きな荷物の持ち込みが予約制に 東海道・山陽・九州

2020年5月下旬〜、「特大荷物置場付き指定席」が設定されます

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年08月29日, 午後 07:25 in JR
0シェア

​​​​​東海道新幹線​東海道・山陽・九州新幹線への「特大荷物」の持ち込みが事前予約制となります。東京オリンピックの開催に向けた措置で、2020年5月中旬乗車分から適用される予定です。

「特大荷物」の大きさは3辺の合計が160〜250cm以内としており、国際線の航空機で機内持ち込みできるサイズに相当します。

特大荷物

特大荷物の持ち込みができる座席は限定されていて、「特大荷物置場付き指定席」として販売されます。ネット予約サービス、駅の指定席券売機、きっぷ売り場にて、「特大荷物置場付き指定席」の指定席券を購入することで、事前予約となる形です。

​特大荷物置場付き指定席の料金は通常の指定席券と同額。車内では専用の荷物スペースが割り当てられ、そこに荷物を収納します。なお、専用指定席を購入しないで特大荷物を持ち込んだ場合、税込1000円の持込手数料が徴収されます。

JR東海、JR西日本、JR九州の3社は、2023年度以降、新幹線のデッキ部に鍵付きの荷物コーナーを設置するとも発表しています。車内デッキの洗面所を一部改修して整備するもので、二重ロック方式で盗難に対策するとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: JR, JRCentral, JRKyushu, JRWest, Shinkansen, Tokyo2020
0シェア