Razerのクーリングケース「Arctech Slim」を試す。本当に排熱性に優れていた

普通にケースとしてもかっこいい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月30日, 午後 06:50 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
Razer Arcteck Slim
ゲーミングデバイスメーカーのRazerは発売した、冷却素材を用いたスマートフォン用のクーリングケース「Arctech Slim」をiPhone 11 Pro用に米Amazonから購入してみました。


Arctechは、内側にThermapheneというスマートフォンからの熱を吸収・放散する熱伝導素材を採用しており、他のケースを比べ最大で6℃も低い温度を維持できるとうたうケースです。

ケース外側はポリカーボネイトと熱可塑性エラストマー製。上部は放熱用のメッシュ構造になっています。

Razer Arctech Slim

内側にはマイクロファイバーが貼られており、スマートフォン本体を傷から守ります。

Razer Arctech Slim

このマイクロファイバーの下にThermaphene層があるのですが、見た目や外から触った感じではまったくわかりません。もっと厚みがあるゲル状のものかと思ったのですが、そういうわけではないようです。

Razer Arctech Slim

ArctechにはProとSlimの2種類あり、購入したのはSlimのほう。ボタン部と底面はオープンになっています。

Razer Arctech Slim

外観を見るだけだと、普通のケースなのですが、やはりその冷却性能が気になるところ。なので、ベンチマークアプリの3DMark(Sling Shot Extreme)を5回連続で走らせ、その直後にケースを外して背面温度を計測してみました。比較のために、アラミド繊維を利用した耐衝撃ケースのPITAKAでも測定しています。


まず、3DMarkの各回のスコアは下記の通り。差はほとんどなく、誤差の範囲です。

■ 3DMarkのスコア
PITAKA Arctech Slim
1回目 5122 5286
2回目 5015 5004
3回目 4069 4370
4回目 3928 3908
5回目 3532 3933

ただ、温度はかなり違っていて、Arctech Slimは、PITAKAよりも4℃ほど低い数値となりました。

Razer Arctech Slim
▲左:PITAKAを使った場合。右:Razer Arctech Slim。見難いですが、PITAKAは47.1℃、Archtech Slimは42.9℃

PITAKAはかなり薄手のケースなので、TPUやレザーケースであれば、もっと差が付く可能性もあります。また、今回はベンチマーク5回と短い時間でのテストでしたが、ゲームなどを長時間利用する場合には、もっと顕著な差が出てきそうです。

というわけで、デザインもかっこいいですし、ゲーム好きな人にはおすすめできそうなケースです。

Razer Arctech Slim

日本ではまだ販売していませんが、米Amazonから購入可能です。なお、発売当初、米AmazonではiPhone 11用の購入者に11 Pro用を、11 Pro用の購入者に11用を発送するというトラブルがありましたが、現在は解消されています。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: arctechslim, case, gadgetry, iphone11pro, razer
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents