Suica決済可能なコーヒーマシン、ネスレ日本が店舗向けにレンタル提供

先行予約受付は11月1日から

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年10月8日, 午後 04:40 in app
0シェア
FacebookTwitter
nestle payment coffee

ネスレ日本は、オフィスや店舗での利用を想定したコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ プラス」のレンタルを11月15日に開始します。これに先立ち、先行予約受付を11月1日に開始します。

nestle payment coffee▲バリスタ デュオ プラスのタッチディスプレイ

バリスタ デュオ プラスは、10インチのタッチディスプレイを搭載し、コーヒーの種類やライフスタイルやカルチャーなどのニュースなどを表示できます。

対応するメニューは、エスプレッソタイプコーヒー、ブラックコーヒー、ブラックコーヒーマグサイズ、カプチーノ、カフェラテ、アイスコーヒー、アイスコーヒーマグサイズ、アイスカフェラテの全8種類。クリーマーや水の量も調節でき、自分好みの1杯を抽出できます。

nestle payment coffee
▲バリスタ デュオ プラスに交通系ICカードをかざすだけで決済可能

また、SuicaやICOCAなどの交通系ICカードを利用した決済機能も備えており、画面上で決済方法を選択したのち、カップを置くとコーヒーを抽出します。

交通系ICカードの他にも、会員登録のうえで使用する「ネスカフェ アプリ」を利用すれば、バリスタ デュオ プラスの画面上に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取るだけで、クレジットカード決済することも可能です。
nestle payment coffee▲バリスタ デュオ プラスに対応するタンブラーの価格

また、NFCタグが埋め込まれた専用タンブラーも用意され、バリスタ デュオ プラスにかざすだけで決済できます。なお、決済やアプリ連携に必要な通信機能はレンタルサービスプランに加入する必要があります。​​​​​​​

nestle payment coffee▲レンタルサービスプラン

ネスレ日本は、人手や手間をかけずに多彩な本格コーヒーメニューや決済環境を手軽に提供できるバリスタ デュオ プラスを様々な企業に提供したい考えを示しており、導入側や利用者の利便性向上につなげる狙いです。

nestle payment coffee
▲バリスタ デュオ プラスの利用イメージ
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, cafe, cashless, mobile, nestle, suica, technology
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents