モトローラ、プレミアムスマホ市場に再参戦へ。Snapdragon 865 / 765採用端末で5G時代牽引宣言

本領を見せてほしい

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年12月6日, 午後 07:30 in motorola
0シェア
Motorola Premium Smartpnoneモトローラがプレミアムスマートフォン市場への再参入を宣言しています。

この発表は、米クアルコムがSnapdragon 865などの新プロセッサを発表した際に明かされたものです。モトローラ会長兼プレジデントのSergio Buniac(セルジオ・ブニアック)氏は、「モトローラは2020年の5G時代でも市場を牽引しつつラインナップを拡大する。またSnapdragon 865 / 765プラットフォームを採用することで、プレミアムフラッグシップ市場でのプレゼンスを復活させる」と語っています。

近年のモトローラといえば、ミッドレンジ〜ローエンド向けのスマートフォンを怒涛の勢いで投入してきた一方、ハイエンド市場への端末投入にはあまり力を入れておらず、また、外部機器「moto mods」で機能拡張できる「Zシリーズ」や、縦折りスマートフォンの「razr」など、スペックよりもユーザビリティ拡張へ力を入れてきた印象が強いでしょう。

いずれにせよ現時点では、モトローラから具体的な計画が発表されているわけではありません。しかし、スマートフォン業界の古豪による力強い宣言は、同社のファンだけでなくスマホ市場にとっても喜ばしいものとなるでしょう。


 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, mobile, motorola, smartphone
0シェア

Sponsored Contents