動画:イーロン・マスク、自らCybertruckのハンドル握り夜のLAにお出かけ

どや、カッコええやろ?

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi
2019年12月10日, 午後 03:00 in Transportation
0シェア
Engadget
テスラCEOのイーロン・マスクが先週末、発表したばかりの電気ピックアップトラック"Cybertruck"を駆り夜のロサンゼルスにくり出したようです。多くの人々がその威容を目撃し、SNSに投稿していました。マスク氏が向かったのは、日本食レストラン"NOBU Malibu"。その駐車場に駐められたCybertruckは非常に大きく、傍らに置かれているメルセデス・ベンツがかなりこぢんまりしたように見えます。
発表イベントで割れてしまったドアのウィンドウはきれいに修復されており、ハンマーで殴られたドアパネルにも傷ひとつ見当たりません(もちろん、これがイベントに登場した車体かどうかはわかりませんが)。マスク氏は駐車場に集まってきた人々としばし歓談した後、再びこの巨大ポリゴントラックに乗り込み、駐車場出入り口のパイロンをなぎ倒して夜の闇へと消えてゆきました。このデカさ故に発生する内輪差はまだ把握し切れていないようです。

またゴシップニュースサイトTMZによれば、マスク氏がCybertruckに大勢のセレブを乗せてドライブを楽しみ、さらには俳優のエドワード・ノートンに見せて自慢していたとのこと。

なお、発売前の自動車が公道を走行しても大丈夫なのかとの心配もあるようですが、このCybertruckは自動車メーカーが開発中の車両で公道走行をするための特別なナンバープレートを装着しており、少なくとも交通法規上は問題ありません。ただ、それで遊びに行くのは正しい使い方なのかよくわからないものの、もしかしたらマスク氏本人が日本食を食べに行きがてらテストドライバーとして走行フィーリングのチェックを行っていたのかもしれません。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: cybertruck, electric vehicle, Elon Musk, ev, gear, nobu, tesla, transportation
0シェア

Sponsored Contents