Windows 7にシャットダウン/再起動できないバグ。サポート終了後早くも2件目の不具合

原因は調査中

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月10日, 午前 11:10 in Personal Computing
280シェア
ROBYN BECK/AFP via Getty Images

2020年1月14日で無償サポートを終了しセキュリティ更新プログラムが提供されなくなったWindows 7ですが、マイクロソフトはまだ完全にこのOSから手を引くことはできないようです。掲示板サイトRedditやマイクロソフトのユーザーフォーラムに寄せられた情報によると、原因不明のバグによりWindows 7をシャットダウンしたり再起動したりできなくなる問題が数多く発生しています。この不具合に見舞われると、Windows 7をシャットダウン/再起動しようとしても画面に「You don't have permission to shut down this computer(このコンピューターをシャットダウンする権限がありません)」と表示されます。

あるRedditユーザーは、新しい管理者アカウントを作り、そのアカウントでログインし直してシャットダウン/再起動を実行できたと述べています。またあるユーザーはグループポリシーエディターで「管理者承認モードですべての管理者を実行する 」設定にすることで、恒久的にすべてのユーザーに再起動権限を与える対策を報告しました。ただこれらはいずれも手間やスキルが必要であり、万人に気軽にお勧めできるやり方とは言い切れません。

一方で、いくつかのAdobeのソフトウェアアップデートサービスを無効化すればシャットダウンできたとの話もみられるものの、その方法が信頼できるのか、偶然そうなっただけかは定かではありません。

マイクロソフトはこの問題を「積極的に調査している」と述べています。

Windows 7といえば、サポート終了直後に壁紙が表示されなくなる不具合が発生していました。これはWindows 7の最後のアップデート"KB4534310"に、特定の環境下で適用すると壁紙を削除してしまう問題があったから。おそらく多くWindows 7ユーザーが適用するであろう最後のアップデートで不具合を起こしたことから、マイクロソフトはサポート終了後の無償アップデートは行わないとしていたものの、この問題を修正するアップデートを無償で配布することになりました。

今回のシャットダウン/再起動できない不具合も、サードパーティ製のソフトウェアやコンポーネントでなく、Windowsそのものやアップデートの適用に起因する問題だとすれば、マイクロソフトは無償サポート終了から1か月も経ずに2件目の無償アップデートを提供することになるかもしれません。

ちなみに、Windows 7は企業向けには有償でのサポートを2023年まで用意しています。ただもし、Windows 7上でOffice 2010を使用しているのであれば、2020年10月13日でOffice 2010のサポートが終了するので、それまでにOSとOfficeソフトウェア両方を(またはPCごと)一度に更新してしまうほうが手続きやセッティングの手間を考えると楽かもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: bug, gear, microsoft, operating system, Personal Computing, personalcomputing, Security, software, windows, windows 7
280シェア

Sponsored Contents