【COVID-19】米Amazon、従業員に初の感染者を確認。2月25日に発症

Amazonは「従業員をサポートしている」とコメント

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年03月4日, 午後 05:10 in Medicine
0シェア
Amazon HQ Seattle Lessons
Amazonの米国内の従業員から初の新型コロナウイルス感染症「COVID-19」患者が出たとBloombergが報じました。この従業員はシアトルはサウスレイクユニオンにあるAmazonのオフィスに勤務していましたが、2月25日に発症したとのこと。Amazon全体としてはすでにイタリアで従業員2人の感染がみつかっていました。Amazonはすでに社員の渡航を制限しており、企業としてもGDCやその他の大きなイベントへの出展を取りやめています。また従業員に対しても緊急でない会議のための出張などを少なくとも4月末までは控えるよう社員に要請したという。

米疾病対策センター(CDC)によれば、米国内では3月4日までに126人の新型コロナウイルス感染が確認され、9人が死亡したと伝えられています。シアトルは米国で最も早くCOVID-19感染拡大が見られた場所で、シアトル市を含むキング郡全域でこれまでに21人が感染し、8人が死亡しています

Amazonの広報担当者は「影響を受けた従業員をサポートしています」と述べています。なお、これまでに発表されている米国の感染者数に今回のAmazon従業員が含まれているのかは定かではありません。



TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: amazon, business, coronavirus, Medicine, seattle, washington
0シェア

Sponsored Contents