「横も後ろも1つの画面」なXiaomi Mi MIX Alphaを著名ユーチューバーがハンズオン

値段も大変なことに

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
Xiaomi Mi Mix Alpha
中国シャオミが昨年9月に発表した、カーブディスプレイを本体に巻き付けたようなスマートフォン「Mi MIX Aplha」。同機は現在でも未発売という扱いですが、こちらの先行ハンズオンを海外ユーチューバーが公開しています。


今回の動画を公開したのは、テック系著名ユーチュバーのMarques Brownlee氏です。彼はMi MIX Aplhaに搭載された、本体をぐるっと囲むカーブディスプレイを中心に、プロトタイプの製品を紹介しています。

Xiaomi Mi Mix Alpha

Mi MIX Aplhaの側面はすべてディスプレイで、もちろん物理的なボタンは存在しません。そのため、ボリューム変更などは側面のソフトウェアボタンで操作します。また側面には、時刻や通知も表示されます。

本体底面には、物理的な電源ボタンと充電ポート、SIMカードスロットのみが存在。スピーカーも、ディスプレイ振動によるサウンド再生に置き換えられています。

Xiaomi Mi Mix Alpha

背面部分に回り込んだディスプレイは、メディア再生や時刻、天気予報を表示するウィジェットスペースとして、あるいはセルフィーの際の確認用画面として利用できます。背面ディスプレイをセルフィーに応用するアイディアは、中国ファーウェイの折りたたみスマートフォン「Mate X/Xs」とも似ています。

製品発表時には、Mi MIX Aplhaは1万9999元(約31万円)で昨年12月に発売される予定でした。しかし、現時点でもその販売は始まっていません。今回のレビュアー用端末は十分な完成度に達しているように見えるので、この革新的な端末が一般消費者のもとに届く日を楽しみにしたいものです。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, mi mix alpha, mimixalpha, smartphone, smartphones, xiaomi
0シェア

Sponsored Contents