長寿サービス「Googleグループ」がデザイン変更を発表。Gmailらと同様のUIに

まだまだ現役

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年03月10日, 午後 02:00 in internet
0シェア
Google Group
Googleといえば、新しいサービスを立ち上げては、すぐに終了させていくイメージもありますが、当然ながら中には息の長いものもあります。そんなサービスの1つ、Googleグループのインターフェースが、今年後半に刷新されるとの発表がありました。

最近あまり名前を聞かなかったGoogleグループは、2001年にスタートしたサービス。複数の人が共通の話題について議論できるサービスで、その内容はウェブ上からも確認も可能。無料で使えるメーリングリストとして利用している人も多くなっています。

長らくウェブのインターフェースが更新されておらず、懐かしささえ覚えるデザインですが、それが他のGoogleサービスと共通したデザインに改められるとのことです。

Google Group

アップデートは今年後半の予定ですが、いち早く試したい人は、ベータ版の使用を申請可能です。なお、いまのところはG Suite向け(組織向け)の提供で、申請は管理者が行う必要があります。

また、現状では、共同トレイなど、いくつかの機能が利用できないとのこと。ただ、ベータ版を利用していても、設定から従来のインターフェースに切り替えられ、そちらでベータでは利用できない機能を使えるとのことです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: dejanews, entertainment, google, google groups, groups, internet, material design, services, usenet
0シェア