「怪しいZoom」にご用心、IPAが人気ビデオ会議アプリの偽物に警鐘

正規版を導入しましょう

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年04月23日, 午後 08:00 in zoom
0シェア
FacebookTwitter
Zoom
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で政府から外出自粛が要請される昨今。多くの企業がテレワークを導入し、「オンライン飲み」も流行るようになりました。そのような状況下でテレビ通話アプリ「Zoom」は世界的に利用者を増やしています。

極端な人気が出る製品が登場すると、それに便乗した詐欺なども発生しがちなもの。Zoomでもそのような詐欺が発生していると、IPA(情報処理推進機構)が注意喚起を行っています。

IPAは23日、公式Twitterアカウントにて「怪しいZOOMに注意」と題してツイート。検索で出てきたサイトから、「Zoom」らしきアプリをインストールしたところ、サポート料金を請求されたという事例が報告されていると紹介しました。IPAは検索結果に『偽のZoomアプリ』の導入を促すページが紛れている可能性があることを指摘し、信頼できる正規の配布サイトからダウンロードするよう警鐘を鳴らしています。

なお、Zoomの開発元、米Zoom Video CommunicationsのWebサイトと、クライアントアプリの配布ページは以下の通りとなっています。
一方、正規版のZoomアプリについては、セキュリティ上の脆弱性が存在したことも報告されています。たとえば、第三者が仕様上の欠陥をついて、ミーティングに乱入できる「Zoom Bombing」(Zoom爆撃)という攻撃が話題となり、修正されています。それ以外にも、Windows版アプリのセキュリティ脆弱性が報告され、こちらもソフトウェア更新で対処がなされています。


IPAは正規版Zoomの脆弱性対策について、以下のページにて情報を公開しています。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, apps, COVID-19, internet, IPA, security, software, VideoChat, VideoConference, Webex, Windows, zoom
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents