テスラ、約160万キロ耐える長寿命バッテリーを中国向け電気自動車へ導入か

160万キロ乗っても大丈夫?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年05月26日, 午前 10:30 in Tesla
0シェア
FacebookTwitter
Tesla Million Mile

米テスラが長寿命バッテリー「ミリオン・マイル」を、電気自動車「Model 3」の中国向けモデルに導入する計画だと、ロイターが報じています。

報道によると、このバッテリーは低コバルト、あるいはコバルトフリーといった新素材を採用。これにより、100万マイル(約160万km)の使用に耐えられ、さらに電気自動車の価格をガソリン車と同程度、あるいはそれ以下に下げることが期待されているというのです。

このバッテリーは中国CATL(寧徳時代新能源科技)と共同開発されたもので、今年後半から来年にかけて導入されることになります。さらに将来的には、より充電容量を高めコストを抑えたバッテリーが、北米含む他の市場に投入されることも伝えられています。

報道によれば、CATLのコバルトフリーバッテリーは1kWh(キロワットアワー)あたり80ドル以下のコストを実現。また、低コバルトNWC電池パックでも100ドルを下回るとされています。

電気自動車向けの長寿命バッテリーといえば、レクサス初の電気自動車「UX300e」でも、10年または100万キロの性能保障をヨーロッパで発表しています。一方テスラは8年または24万キロの性能保障をうたっていますが、報道が正しければいずれ大きなスペックアップが発表されることになりそうです。

Source: Reuters

Via: The Verge

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Tesla, Electric vehicle, news, gear
0シェア
FacebookTwitter